スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

かもめ食堂編~所縁の地を歩く~

昨日は義父の三回忌法要がありました。金曜の夜から息子も帰っていたのでバタバタとした週末を過ごしましたが、無事法事を終えてほっとしたところです。
ダラダラと書き綴っております旅行記、まだ続きますが^^;お付き合いください。

予告編に書きました通り、ヘルシンキをはっきり意識したのは「かもめ食堂」でした。幸せは美味しいものを食べた瞬間に感じるということが映画全編を通して描かれ、サチエさんが立ち働くかもめ食堂を訪ねてみたいと映画を観た直後に思ったものです。そして実際に映画を撮ったお店は実在すると知ってからは、現実的なものとなりました。調べていくうちに、私と同じような方がKahvila SUOMI(SUOMIとはフィランドの意)を訪ね、お店への行き方から感想などたくさんのブログで拝見しました。おかげさまで迷うことなく、到着!ここだ~^^ 

198_20151115212254b03.jpg

しかし中に入ると確かに皆さん仰っていたように映画の中の内部とは様子が全然違います。かなり改装されていると知って行ったので私は驚きませんでしたが、知らないとショックかも(笑) かすかに青い腰壁と右手前の白いシェードのライトだけが当時のものでしょうか。最近経営者も変わったらしく映画公開から10年、時の流れを感じます。
この日は開店して間もない時間に行ったので、お客さんは一人の日本人女性と私だけ。帰り際に現地の方が入ってらして、普段は地元の方にも人気の食堂だということです。
メニューも映画の中ではおにぎり、豚の生姜焼き、鶏の唐揚げ、鮭のソテーなどでしたが、実際はフィンランド料理のお店です。
私は映画にも登場したコルヴァプースティ(シナモンロール)とコーヒーを注文しました。 日本のシナモンロールと比べると甘味がなく、シナモンやカルダモンの香りが強いかも。大きめでしたので密閉袋に入れてお持ち帰りしました♪

213_201511152309022f2.jpg 212_20151115232514b55.jpg

私の座った席はトンミ ヒルトネンがいつも座っていた窓際の席。
サチエ、ミドリ、マサコ、リーサがお店に向かって歩いていた道。トラムの停留所から5分もかからない場所にあります。

215_20151115233445f47.jpg 217_2015111523373291b.jpg

マサコがいつも電話をかけていた海の辺り。(食堂とはかなり離れています)

119_201511191604144a2.jpg


サチエが毎朝買い物していた青空市場。
ミドリがトナカイの肉を買ったハカニエミ屋内マーケット。

131_201511152357115ec.jpg 273.jpg

サチエが「誰だ、誰だ、誰だ~♪」と呟きながら歩いていたエスプラナーディ公園。札幌でいうと大通り公園のような市民の憩いの場です。通りの両サイドには有名ブランド店やレストランなども並んでいます。

193_20151116000330c67.jpg

そしてこの通りの西の端の方にサチエとミドリが出会ったアカデミア書店とカフェ アアルト(書店の2F)があります。
1969年にアルヴァ・アアルトによって設計されたアカデミア書店。アアルトはフィンランドを代表する建築家であり、家具や雑貨などのデザインも手掛けています。最近日本でもよく見かけるようになった雑貨の中にアアルトの作品も多いので、私はそのデザインを実際見たかったことも旅の目的でした。

入口の取っ手が三立て!中央には吹き抜けの空間をとっていて、天窓から自然光が降り注いでいます。


137_20151116002446302.jpg 141_201511160024485d9.jpg

二階の一角にあるカフェには、その名の通りアアルトデザインの椅子、テーブル、照明などが使われています!

140_201511160111521fa.jpg 146_201511160027467fa.jpg

そして、この旅で最も美味しかったものの一つ!ブルーベリーパイです!!
フィンランド産ブルーベリーのフィリングソースは甘過ぎずちょうどいいお味、ソースの下のレアチーズが絶品であまりの美味しさに私のテーブル担当のとても感じのいい店員さんに(やや誇張して)「私が生涯食べたブルーベリーパイの中で一番美味しかったわ♪」と言ったら、とても可愛い笑顔で「ワオ、そう聞いて私もうれしいです^^」って言ってくれました。彼女は本当にとても気持ちよく接してくれて、一軒わからないお店があったので尋ねたら地図を見ながら丁寧に教えてくれ、美味しいブルーベリーパイと彼女の笑顔は忘れられない旅の思い出となりました。

144.jpg

※それぞれ別の日に廻りましたが、「かもめ食堂」関連ということでここにまとめて書きました。
2015-11-15 : 旅&おでかけグルメ : コメント : 4 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
実はこの週末、「かもめ食堂」のDVDレンタルして学習してたんです~(笑)。以前、見たはずなのに、記憶はほとんど残っていなくて・・・
で、この映画を見ると「ヘルシンキに行きたい気持ちになるか?」をテーマに、家人まで巻き込んで見てました。

しっかり目に焼き付けた風景が、今日のブログで見れて感激です。そして、実際に食堂の外観がそのまま残っているなんて、驚きです!ちょっとうらぶれた通りに見えたけれど、年月が経っているのに。
2015-11-16 21:49 : Maple URL : 編集
No title
Mapleさん、
えっ~ホントに!?(笑) 巻き込まれた御主人様、大丈夫でしたか?^^;
かなりうらぶれた通りにありましたが、治安が悪い感じではありませんでした。
で、ヘルシンキに行きたい気持ちにはなりましたか?気になります!
2015-11-17 15:07 : ポラママ URL : 編集
No title
ポラママさん
(昨晩、書き落としました)
元かもめ食堂ですが、開店早々のお客さんが日本人女性二人!って、映画を見て「ヘルシンキに行きたい気持ちになる」人が未だに多い証拠ですよね~(笑)。
しかし、男性には「理解不能」だそうです(笑)

私は先日、旅番組をいくつか見て、食べ物はどうも・・・??と思っていたので、トナカイ肉のおにぎりに大笑いしてしまいました。
私は一度は行ってみたいとは思ってますが、
リピするときは、乗り換えてストックホルムまで足を伸ばされることもオススメしたいです(笑)
2015-11-17 21:35 : Maple URL : 編集
No title
Mapleさん、
ですよね(笑)ポラパパにもなぜヘルシンキに行きたいかをプレゼンした時、???って顔をされ理解不可能だったらしく、退職記念旅行は違うところに行きたいので一人で行っておいた方がよいと言われました^^;
それでも映画全編観てくださったなら良いです!私は行く直前におさらいで観ようとしたら、開始5分で去られました・・・
あと、かもめ食堂は確かに最初の動機づけではありましたが、私の興味あるものがある国だったので、そこのところはこれからまた書いていきますね♪

以前Mapleさんにお話ししてませんでしたっけ?私アメリカ時代一度ストックホルムは行っているのです。でもあの時は3才の息子を連れていてガムラスタンさえ行けなかったので、ヘルシンキの港から船でストックホルムへ渡るっていうのもいいな~と考えていました♪
2015-11-17 21:49 : ポラママ URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ポラママ

Author:ポラママ
「食」への尽きない興味・こだわりから2008年秋、北海道フードマイスターとなりました。主婦の目線から北海道食材の素晴らしさをPRしつつ、食全般について楽しく語らえる場所であればと願っています。
料理に限らず、手仕事することが大好き!
人生後半、できるだけいろんな所に旅がしたいです!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。