スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

アウトレット編②~ARABIA FACTORY~

今朝起きてカーテンを開けたら真っ白な世界になっていてびっくり!そういえばの予報になってました。。例年よりは遅い積雪ですが、このまま根雪になるのでしょうか・゚・(つД`)・゚・

さて、長々書き連ねてきた旅行記ですが、もういい加減これで終わりにしようと思います(≧∀≦)ノ
アウトレット編①から飛んでしまいましたが、もう一つ訪ねたARABIA FACTORY。

263.jpg

実は10月の始め、旅行前の準備にフィンランド関係のサイトをいろいろ調べていた時「アラビア ファクトリー閉鎖」というニュースが飛び込んできました!ここを訪ねるのをとても楽しみにしていた私はとても驚きましたが、とにかく今年いっぱいは変わらず存続されるとのこと。その後のニュースとしてヘルシンキ在住で雑貨販売もされている方のサイトで詳しく教えてくださっていますので、Linkさせていただきます。Haloo! Suomi
今後は工場見学はできなくなりますが、アラビア ミュージアムとアウトレットは変わらず利用できるということですよね。但し、今までのようにMade in Finlandのものは徐々になくなっていくということかな~何処も雇用の問題が大きいのですね。今日のお昼の番組で賃金の男女差がない国としてフィンランドは世界3位(日本はなんと104位とか)というのを見ました!確かに女性がバリバリ働いているという印象がありましたから、そんなことも影響あるのでしょうか。

さて、この日工場に着いて先ず向かったのは9階のミュージアム。4€払いここを見学すると、ファクトリーストアの15%引きクーポンをいただくことができます。それにしても年代物の陶磁器が陳列されているというのに監視する人もいなくて、写真も撮り放題でびっくりでした^^; カップのコレクションのところだけ写真に収めました。

269.jpg 270.jpg 271.jpg

その後1階に降りてファクトリーストアへ。今思えばこのように貴重な時期に行く機会があったのですから、多少無理してもいろいろ買ってくるべきだったと思いますが、現実は荷物の重さと翌月のクレジット請求を考えるとそう買えるものでもありません。
結局私はお買い得となっていたものを中心に、これだけは絶対ほしかったアアルトの木製トレイを手に入れるに留まりました(〃▽〃)
工場限定デザインマグ(左)2015冬限定ムーミンカップ(中)
お買い得になっていたミイのお姉さんのミムラ(右)
※帰りの機内食に付いていたお菓子が同じ柄だったので、今ミムラがブームなの!?

014_2015112414490062c.jpg 013_20151124144859943.jpg 016_20151124144901c6b.jpg

イッタラ×マリメッコのマリボウル(左)アアルトデザイン木製トレイ&イッタラ Kivi(右)  
       
         001_20151124144904a31.jpg 014_20151124145000073.jpg

何時間いてもキリがないので、後ろ髪引かれつつファクトリーを後に。
トラムに乗り走り出すとすぐ見える壁画。この一帯がARABIAの街なんですね~

260_20151124152720012.jpg

もうすぐ旅行からひと月経ちますが、ヘルシンキはもうクリスマスの飾りつけになったそうです。
日本から一人やって来た私を優しく包みこんで、ワクワクさせてくれたフィンランド・ヘルシンキの街、
Kiitos!キートス(ありがとう!) Moi moi! モイ モイ(バイバイ、またね!)

298.jpg

続きを読む

スポンサーサイト
2015-11-24 : 旅&おでかけグルメ : コメント : 2 :

街歩き編②~ミュージアム、ショップ、中央駅~

毎日何かと用事があって最後まで辿りつきません連休中に完結目指します!

Kahvila Suomi(かもめ食堂)を訪ねた後10分ほど歩いてデザイン博物館に向かいました。

232_20151120210904710.jpg

1873年設立のデザイン博物館は19世紀から現代に至るまでのフィンランドデザインを実物のプロダクトを展示して紹介しています。
アアルトデザインの家具や生活雑貨、イッタラをはじめとするガラス製品やArabiaの陶磁器、日本でも人気のあるムーミンなどの展示は外すことはできません。この博物館はフラッシュさえしなければ撮影OKでしたので、展示室の写真を何枚か獲ってきました。

236_20151122120134400.jpg 239_20151122120136e64.jpg 235_20151122120133fe1.jpg

238_20151122120135b44.jpg 240_2015112212013855f.jpg 242_20151122120425cf0.jpg 

243_20151122120427bc4.jpg 245_20151122120428e8a.jpg

デザイン博物館界隈はデザイン ディストリクトといってクリエイティブなお店が数多く集まっています。
黒に白の文字のステッカーが貼っているのが認定の証。↓のお店は骨董店でした。

220_20151122125312a46.jpg

数ある加盟店の中でも特に気になったお店の一つヨハンナ グリクセンは、手織りが紡ぎ出す幾何学模様にとても惹かれます!!私は小物しか作っていませんが、最近凝っているこぎん刺しのデザインとも似ていて、東京にもショップがあるようなのでいつか行ってみよう♪
ヨハンナ グリクセン
もう一つはペーパーショップ。これまた紙好きな私には堪らないお店でしたが、東京の紙専門店で送る時に国内でさえ難儀したので、何も買うことができませんでした~紙って筒状にしないとしわになってしまうので、持ち帰るのは大変です。

252_20151122130334896.jpg 255_20151122130336d1a.jpg

アテネウム美術館はヘルシンキ最大のコレクションを有する美術館。常設ではフィンランドを代表するシンベリの作品やゴッホ、モディリアーニなどもありました。私が行った時はHENRI CARTIER-BRESSONというモノクロ写真展が開催中で、見応えがありました!曜日によって夜8時まで開いているので会社帰りでも寄れるのっていいですね。

101_201511221335206b8.jpg 154 - コピー

今年できたばかりの美術館、キアズマ現代美術館は時間がなくて中には入りませんでしたが、とても目を引く建物でした。
151_20151122142945e80.jpg 152_201511221429477c7.jpg

中央駅のホーム。改札がないのでホームまで行けてしまうのがどうも慣れません^^;

165.jpg

中央駅でもあまり混雑していなくて、のんびりしている感じが私は好きでした。日本でいえばみどりの窓口もゆったりした雰囲気でいいわ~

169_2015112214324915d.jpg 171_2015112214325103f.jpg
2015-11-22 : 旅&おでかけグルメ : コメント : 0 :

街歩き編①~公園、教会~

今年はフィンランドを代表する作曲家シベリウスの生誕から150年ということで、音楽会をはじめ記念行事がたくさんあったようです。
市内の観光名所にもなっているシベリウス公園には朝8時半にホテルを出発して出かけました。
トラムを降りて15分ほど歩いて、方向は合ってるんだけどなかなかそれらしきものが見当たらず、お散歩中の方数人に聞きながら^^;辿りつきました~
巨大なパイプのモニュメントと肖像彫刻!

067_20151118105220e0d.jpg

自由に近くで見られるようになっています。

062.jpg 066.jpg

実はここまで歩いてきたのにはもう一つ訳があり、すぐ近くにシナモンロールが有名なかわいいカフェがあるというのです。営業時間は10時~でこの時点で9時過ぎくらいだったので、写真だけでもと海の方に歩いていくと・・・
あった!「カフェ レガッタ」 んん!?OPENってなってるけど開いてる?今日は早く焼けたから^^とお店の方、営業時間テキトーみたいです(笑)

048.jpg

2時間くらい前に朝ご飯食べたばかりですが、寒くて温まりたかったのとシナモンロールの食べ比べしなくちゃ!とオーダー。早い時間だっただけに焼き立てで美味しかったですが、シナモンロールはなんとなく甘いと擦りこまれている私には新感覚でした。(これも密閉袋にお持ち帰り)

052.jpg

カフェのテラス席、夏は気持ちいいだろうな~

054_20151118115632943.jpg

そうそう、ホテルのすぐ近くのヘルシンキのシンボル・ヘルシンキ大聖堂をまだご紹介していませんでした!キリスト教ルーテル派の総本山、1852年に完成。右側が補修中でしたが、このように修復を重ねて真っ白く美しい姿を保っているのですね。

036_201511181659549f0.jpg

屋根の上には12使徒の像が!!

031 - コピー



階段を一気に駆け上り、目の前の元老院広場を望む。かつてフィンランドを統治していたロシア皇帝アレクサンドル2世の像が中心にあります。
元老院広場から右方向、港の方には西ヨーロッパ最大の正教会寺院ウスペンスキ寺院があります。これまた丘の上に建っているので階段を上る(ロシア正教会の寺院らしくタマネギのような形をした金色のキューポラが特長)
ウスペンスキ寺院からヘルシンキ大聖堂が見渡せます。

034_2015111817070200d.jpg 115_20151118183936967.jpg 117_2015111818364045b.jpg


テンペリアウキオ教会は氷河時代の岩をくりぬいて作ったというルター派の教会。(1969年完成)岩肌の壁と屋根の間から光が降り注ぎます。音響がいいのでコンサート会場としても人気があるそうです。私が行った時もパイプオルガンの荘厳な音色が響き渡り、しばし聴きいりました♪

076_201511181715432e8.jpg 080_201511181715447ea.jpg 085_20151118173915bf9.jpg

カンピ礼拝堂は街の中心部の広場の中に建っています。2012年、宗教儀式を行わず人々が安らぐ場所として建てられたもの。卵型の中に入ると何となく胎内に戻るような、ほっこり温かな気持ちになりました。テンペリアウキオ寺院とカンピ礼拝堂は、8月に放送された「鶴瓶の家族に乾杯」フィンランド編でも紹介されていたところです。

179_20151118175259fc4.jpg 175_20151118175301667.jpg

そういえばデザイン博物館に向かって歩いていた時とても大きな教会があって、地図にはなぜか表記がなくてわからなかったのですが、帰ってから「鶴瓶の家族に乾杯」を改めて観たら番組冒頭に出てきた聖ヨハネ教会という教会だったのです!一応写真を撮っておいてよかった♪

247_20151118180728be3.jpg
2015-11-18 : 旅&おでかけグルメ : コメント : 4 :

かもめ食堂編~所縁の地を歩く~

昨日は義父の三回忌法要がありました。金曜の夜から息子も帰っていたのでバタバタとした週末を過ごしましたが、無事法事を終えてほっとしたところです。
ダラダラと書き綴っております旅行記、まだ続きますが^^;お付き合いください。

予告編に書きました通り、ヘルシンキをはっきり意識したのは「かもめ食堂」でした。幸せは美味しいものを食べた瞬間に感じるということが映画全編を通して描かれ、サチエさんが立ち働くかもめ食堂を訪ねてみたいと映画を観た直後に思ったものです。そして実際に映画を撮ったお店は実在すると知ってからは、現実的なものとなりました。調べていくうちに、私と同じような方がKahvila SUOMI(SUOMIとはフィランドの意)を訪ね、お店への行き方から感想などたくさんのブログで拝見しました。おかげさまで迷うことなく、到着!ここだ~^^ 

198_20151115212254b03.jpg

しかし中に入ると確かに皆さん仰っていたように映画の中の内部とは様子が全然違います。かなり改装されていると知って行ったので私は驚きませんでしたが、知らないとショックかも(笑) かすかに青い腰壁と右手前の白いシェードのライトだけが当時のものでしょうか。最近経営者も変わったらしく映画公開から10年、時の流れを感じます。
この日は開店して間もない時間に行ったので、お客さんは一人の日本人女性と私だけ。帰り際に現地の方が入ってらして、普段は地元の方にも人気の食堂だということです。
メニューも映画の中ではおにぎり、豚の生姜焼き、鶏の唐揚げ、鮭のソテーなどでしたが、実際はフィンランド料理のお店です。
私は映画にも登場したコルヴァプースティ(シナモンロール)とコーヒーを注文しました。 日本のシナモンロールと比べると甘味がなく、シナモンやカルダモンの香りが強いかも。大きめでしたので密閉袋に入れてお持ち帰りしました♪

213_201511152309022f2.jpg 212_20151115232514b55.jpg

私の座った席はトンミ ヒルトネンがいつも座っていた窓際の席。
サチエ、ミドリ、マサコ、リーサがお店に向かって歩いていた道。トラムの停留所から5分もかからない場所にあります。

215_20151115233445f47.jpg 217_2015111523373291b.jpg

マサコがいつも電話をかけていた海の辺り。(食堂とはかなり離れています)

119_201511191604144a2.jpg


サチエが毎朝買い物していた青空市場。
ミドリがトナカイの肉を買ったハカニエミ屋内マーケット。

131_201511152357115ec.jpg 273.jpg

サチエが「誰だ、誰だ、誰だ~♪」と呟きながら歩いていたエスプラナーディ公園。札幌でいうと大通り公園のような市民の憩いの場です。通りの両サイドには有名ブランド店やレストランなども並んでいます。

193_20151116000330c67.jpg

そしてこの通りの西の端の方にサチエとミドリが出会ったアカデミア書店とカフェ アアルト(書店の2F)があります。
1969年にアルヴァ・アアルトによって設計されたアカデミア書店。アアルトはフィンランドを代表する建築家であり、家具や雑貨などのデザインも手掛けています。最近日本でもよく見かけるようになった雑貨の中にアアルトの作品も多いので、私はそのデザインを実際見たかったことも旅の目的でした。

入口の取っ手が三立て!中央には吹き抜けの空間をとっていて、天窓から自然光が降り注いでいます。


137_20151116002446302.jpg 141_201511160024485d9.jpg

二階の一角にあるカフェには、その名の通りアアルトデザインの椅子、テーブル、照明などが使われています!

140_201511160111521fa.jpg 146_201511160027467fa.jpg

そして、この旅で最も美味しかったものの一つ!ブルーベリーパイです!!
フィンランド産ブルーベリーのフィリングソースは甘過ぎずちょうどいいお味、ソースの下のレアチーズが絶品であまりの美味しさに私のテーブル担当のとても感じのいい店員さんに(やや誇張して)「私が生涯食べたブルーベリーパイの中で一番美味しかったわ♪」と言ったら、とても可愛い笑顔で「ワオ、そう聞いて私もうれしいです^^」って言ってくれました。彼女は本当にとても気持ちよく接してくれて、一軒わからないお店があったので尋ねたら地図を見ながら丁寧に教えてくれ、美味しいブルーベリーパイと彼女の笑顔は忘れられない旅の思い出となりました。

144.jpg

※それぞれ別の日に廻りましたが、「かもめ食堂」関連ということでここにまとめて書きました。
2015-11-15 : 旅&おでかけグルメ : コメント : 4 :

宿泊ホテル編

今回の旅は航空券(FINNAIR)とホテル(朝食付き)のツアーをネットで検索し、たまたま札幌に支社のある旅行会社にお願いすることにしました。ツアーといっても出発日は自分の希望を言って旅行社さんと調整したまったくの個人旅行です。
ホテルの場所はかなり重要で、石畳が多いヘルシンキの道をごろごろトランクを引いて長い距離歩くのは大変なので、空港からバスで到着する中央駅に近かったのはとても助かりました。もちろん他にもたくさんホテルはあり、私が泊まったソコスグループのホテルだけでも駅周辺に4つほどありました。
ORIGINAL SOKOS HOTELは写真奥左に見えるヘルシンキのシンボル・ヘルシンキ大聖堂の近くにあり、手前にはアテネウム美術館、私の部屋から見えるところにRキオスキ(コンビニ)、看板の先を右に曲がると正面玄関ですがその真向かいにはマクドナルドやレストランがあり、とても便利のよい場所でした。

021_201511121549180f7.jpg

このホテル、シングルルームもあるのでそうだとばかり思っていたらツインではないですか!!ベッドは3泊の間一つしか使いませんでしたが、タオルは有り難く2枚使わせていただきました。トランクを広げても歩けるほど広くて快適でした♪

022_20151112160409306.jpg

023_201511121607277f3.jpg 025_201511121607289e0.jpg

そしてこちらの朝食は本当に美味しかった!!ほとんど同じメニューではありましたが、全部食べられるわけではないので3日間なら問題ありませんでした。特に美味しかったのは大きな切り身のスモークサーモンとチーズとじゃがいも料理。これらとヨーグルトにフィンランド人が大好きなベリーソースをかけて毎朝いただきました。私の好きだったパンは真ん中のカリヤンピーラッカというオートミールのようなものをライ麦粉の生地で包んで焼いたパイ。ロシアに近い地方の伝統料理だとレストランの女の子が教えてくれました♪

163.jpg

2日目にマリメッコで買ったものを置きにホテルに一度戻った時、カードキーがどうしても青にならずフロントに戻って調べてもらったら、一泊だけとなっていたとのこと^^;あと二日泊まるのでよろしく~ということで問題解決!こんなトラブルこそありましたが、おおむね快適なホテルライフでした。
2015-11-12 : 旅&おでかけグルメ : コメント : 2 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

ポラママ

Author:ポラママ
「食」への尽きない興味・こだわりから2008年秋、北海道フードマイスターとなりました。主婦の目線から北海道食材の素晴らしさをPRしつつ、食全般について楽しく語らえる場所であればと願っています。
料理に限らず、手仕事することが大好き!
人生後半、できるだけいろんな所に旅がしたいです!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。